両角レディースクリニックは、体外受精、顕微受精などの高度生殖医療を中心とした不妊治療専門のクリニックです。

*初診予約

03-5159-1108

再診予約

03-5159-1101
MENU

AMH検診

Infertility Dock

AMHとは?

卵巣年齢というのがあるのをご存知でしょうか?
驚く事に、実年齢と違い卵巣には人により年齢があります。例えば30歳の人でも40歳の卵巣年齢であったり、逆に40歳の人でも30歳の卵巣年齢ということもあります。

不妊治療を受ける際には実年齢以上に卵巣年齢というのがとても大切になります。つまり卵巣年齢が若ければ少し高齢でも十分に妊娠できる可能性があるということです。現在はこの卵巣年齢を採血によって簡単に知ることができます。

AMHというホルモン検査です。AMHとは「抗ミュラー管ホルモン」といわれ、少し難しい話ですが、発育過程にある卵胞(前胞状卵胞)から分泌されるホルモンです。下図の7ミリ以下の卵胞から分泌されます。AMHと発育卵胞の数は相関します。つまりAMHを測定することによって、残存する卵胞の数を測定し、卵巣年齢が何歳くらいか推定可能ということになります。

卵胞の図

AMHの優れている所は、いつ測定しても正確に結果が出るということです。

例えばFSH等の月経周期に依存するホルモン検査は、月経中に測定しないと卵巣年齢が正確にはわかりません。

AMHが低い患者さんから良く聞かれる事として「どうしたらAMHを上げる事が出来ますか?」というものがあります。その答えとしては、「AMHを上げることはできません」。つまり若返りと同じことで、一度減ってしまった卵の数は二度と増やす事はできません。精子が毎日数千万ひき作られるのと違い、卵は毎月減る一方だからです。

また良く聞かれる事として「AMHが低いという事は卵の質が悪いという事ですか?」というのもあります。「AMHはあくまで卵の残り数であり、卵の質まではわかりません」。卵の質に関しては体外受精をやらないと分かりません。

それでは、もしAMHが低いと分かった場合、どのようにしたら良いのでしょう?増やす事が出来ない以上、悲観するだけでしょうか?

治療のスピードを上げるという事ができます。つまりステップアップするタイミングを速くするという事です。

タイミング療法を1年間するところを3カ月に短縮したり、早めに体外受精に切り替えれば良いというように考えて下さい。

不妊治療を受ける人はもちろんのこと、そうでない人でも将来妊娠を望む人は、ぜひ事前にAMHを調べる事をお勧めします。

AMHの特徴

  1. 卵巣予備能を正確に表す最も優れたマーカーといえる

    他にもFSHや胞状卵胞等がありますがAMHが最適です。

  2. 低反応群を予測できる

    卵巣刺激をしても反応しない症例を事前に把握できるため過剰な刺激を避けられます。

  3. 高反応群を事前に予測できる

    体外受精の重篤な副作用である卵巣過剰刺激症候群:OHSSの予測をする事ができるため、事前に発症を防ぐ事が可能になります。

  4. 生理周期の影響を受けない

    SHは生理中に測定しなければいけませんがAMHはいつ測っても同じ値になります。以下の図の左側のグラフを見てもわかりますが周期にかかわらず一定の値を示しています。また右側のグラフのように年齢が上がるとともに低下する事もわかっています。

    AMHのグラフ
  5. 前周期のピルやスプレーの影響を受けにくい

    FSHはピルの影響を受けるためわかりにくいですが、AMHは前周期の治療の影響を受けません。

  6. AMHにより排卵誘発法を決定できる。刺激法を個別化できる。

    AMHにより最適の刺激法、刺激量で卵巣刺激を行う事が出来るとの報告があります。

  7. 閉経の時期を予測できる

    AMHと閉経の時期は相関しているとの報告があります。

  8. 妊娠率が予測できます

    以下の図のようにAMHが低いと縦軸の妊娠率が低い事がわかります。

    AMHと妊娠率のグラフ

    Human reprod update 2010 Mar-Apr;16(2):113-30. Epub 2009 Sep 30.
    Anti-Mullerian hormone as a predictive marker in assisted reproductive technology

  9. 男性不妊症にも応用できる

    女性のみでなく男性不妊とAMHの関係についてもいくつか報告されています。例えば非閉塞性無精子症の場合は血清中AMH濃度が低い事や、閉塞性無精子症では精液中AMHが検出されない事等が報告されています。しかし正常男性との比較が困難な事もあり単独では判断が困難との事です。

AMHの今後の問題点

AMHは検査費用が5千円~1万円と高い事が問題と言えます。今後検体数が増えるにつれ安くなることが予想されます。その際には毎年測定したり、卵巣のう腫の術前術後に測定したりして卵巣予備能を手軽に測れる時代が来ると思われます。

AMHに基づいた排卵誘発方法

AMHが「排卵誘発法のプロトコール選択の基準」になり得る事について、複数の論文でAMHは排卵誘発を行ったときの採卵で得られる卵の数と相関する事が報告されています。つまりAMHが高い人はたくさん卵が採れるけど、AMHが低い人はいくら刺激しても卵が採れない事になります。

また逆にAMHが高い人はOHSS:卵巣過剰刺激症候群になりやすい事も報告されております。つまりAMHが高いと排卵誘発により容易に卵巣が腫れてしまうという事です。(PCOSではAMHが高値の事が多く、PCOSがOHSSになりやすい事とも関連しています)

それらの事実を踏まえ、AMHに基づいた卵巣刺激のプロトコールが以下のように提案されています。このプロトコールに従ったところ採卵キャンセル率が低くなり、妊娠率が高くなったと述べています。

  • AMH <1 有効なプロトコールが無い
  • AMH 1-5 アンタゴニスト法 HMG 300単位/日
  • AMH 5-15 ロング法  HMG 225~300単位/日
  • AMH >15 アンタゴニスト法 HMG 150単位/日

(AMHの単位は全てpmol/l)

Serum anti-Müllerian hormone and estradiol levels as predictors of ovarian hyperstimulation syndrome in assisted reproduction technology cycles.
Lee TH, Liu CH, Huang CC, Wu YL, Shih YT, Ho HN, Yang YS, Lee MS.
Hum Reprod. 2008 Jan;23(1):160-7. Epub 2007 Nov 13.

AMHの単位が変わります

現在日本国内ではAMHの単位にpMを使用していますが、海外ではng/mlが主流であり、論文もほとんどがng/mlで表記されています。現在使用されている2個あるキットを1本化する事になったため、今後は日本においても単位がng/mlに変更になります。

それに伴い基準値も変わります。これは全国の全てのクリニックで変更されます。時期は移行期間があるため順次変わりますが、来年の3月31日までには全てのクリニックにおいて変更されます。

変換の方法ですが、1pM=0.14ng/mlのため、今までのAMH値に0.14をかける事で表記されてきます。

AMHの単位の変換方法について詳しくはこちら

AMH検診について

不妊治療を受ける際には実年齢以上に卵巣年齢がとても大切です。その卵巣年齢は、AMHを調べることで簡単に知ることができます。当院では、AMHに関するセミナーと検査を行なっています。将来お子さまをお考えの方はどうぞお気軽にご参加ください。

検査内容

当クリニックではAMHセミナーを開催しております。セミナーの内容は不妊ドック、不妊予防、AMH検査の意義などです。

AMHセミナーはAMHに関する基本的な話から始まり、AMHを測ることの意義、結果からどのような事がわかるか、低い場合はどのように対処すべきか、などの話をスライドを用いてご説明したいと思います。AMHと不妊治療の関係、AMHと体外受精の関係なども説明したいと思います。

また不妊ドックという観点からAMH以外にも大切な検査をいくつか紹介したいと思います。

そのためAMHセミナーは未婚の方や将来的にお子さんを考えているご夫婦にもぜひ参加をして頂ければと思っております。当院に通院していない方でも参加を歓迎しております。(要予約)

開催日
不定期(開催日が決まり次第「お知らせ」に掲載いたします)
時間
17時半から1時間半〜2時間程度
費用
無料
開催場所
両角レディースクリニック
定員
18名

AMH検査

検査内容

検査方法は看護師による採血のみとなっております。月経周期によらずにどの時期でも検査可能です。各種ご相談はご遠慮いただいておりますので、ご理解、ご了承の程何卒よろしくお願い申し上げます。なお、診察ご希望の方は、別途初診でのご予約をお願い申し上げます。

費用

AMH検査のみの場合、費用は検査代、事務手数料、検査結果の送料(レターパックで予定)の合計で11,000円(税込)です。

検査日時

  • 月・火・金曜日:15:30/16:30
  • 土曜日:12:00
  • 所要時間は1時間程度になります。
  • 念のため健康保険証等ご本人確認書類をお持ち下さい。

検査結果に関しまして

検査結果は約2週間後で、原則は郵送とさせていただきます。検査結果に関するご相談に関しましては、お受けいたしておりませんが、治療のご相談などに関しましてはあらたに初診としてお申し込みいただいております。ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。

お申込み方法

予約制となっております。お電話にてご予約お願い致します。

  • AMH検診のみをご希望の方は、予約システムではなく、お電話にてご予約をお受けしております。
  • セミナーと初診をご希望される場合には、別途ご予約をお願いいたします。

電話

受付時間

  • 月・火・水・金・土:午前 9:30~12:30 午後 15:30~18:30 (第4水曜は午後 15:30~16:30)
  • 木・祝:午前 9:30~12:30