両角レディースクリニックは、体外受精、顕微受精などの高度生殖医療を中心とした不妊治療専門のクリニックです。

*初診予約

Web予約

再診予約

03-5159-1101
MENU

各種手術(腹腔鏡・FT等)

Various surgeries

卵管鏡下卵管形成術(FT法)について

FT法とは、卵管が詰まっていたり(閉塞)狭くなったり(狭窄)することで、卵子や精子が卵管を通過できない卵管性不妊に対する治療法の一つです。適応は卵管近位部の閉塞および狭窄です。卵管遠位部(卵管采付近)の閉塞や狭窄については、この術式は適応になりません。

この手術で約70%の方が卵管拡張または通過が期待できますが、約30%の方には無効であり、その場合体外受精をお勧めします。

術後は、半年間で約30~40%の方がタイミング法または人工授精で妊娠率にいたりますが、半年以上妊娠しない場合は、その他の原因も考慮して体外受精をお勧めします。

具体的な手術内容

  • 卵管鏡を見ながらバルーンを使って卵管内の閉塞あるいは狭窄部位を拡張していきます。
  • 下図のように経腟的に子宮内から卵管にアプローチします。
  • 麻酔は局所麻酔または静脈麻酔で行います。
FT法の様子

術後の合併症について

  • 出血(ある程度の出血はどの手術にも起こりえますが、大量出血の場合は救急搬送や輸血の可能性があります)
  • 術後感染(感染予防に抗生剤の点滴と内服を行いますが、それでも入院を必要とするような感染が起きてしまう場合があります)
  • 卵管穿孔(穿孔の程度により開腹手術が必要となることがありますが稀です)

その他

  • 術後の避妊期間は不要です。
  • 静脈麻酔で卵管鏡下手術を受けられる場合、個室料金(自費)をいただいております。
  • 本手術は保険適応となります。また、高額療養費制度を利用できます。

高額療養費制度について

1か月に当院でお受けになった医療費(保険診療分のみ)の合計(外来+手術)が、自己限度額を超えた場合にそれ以上のお支払いが免除される制度です。
保険組合より限度額適用認定証(以下認定証)を取り寄せていただき、認定書を手術日までにご提出いただければ、1か月間に当院でお受けになった保険診療分が認定証にある記載区分のみの自己負担となります。
手術当日朝までに認定証のご提出がなかった場合は、一度全額お支払いいただき、同月内に認定証をご提出していただくと返金されます。(詳しくは受付にお問合せ下さい。)

超音波子宮卵管撮影検査(フェムビュー)についてはこちら

腹腔鏡手術を受けた患者様からの声

  • 地域名(年齢)

    ラパロ腹腔鏡

    今回2人目で体外受精でPGTAをしました(2人目で2度の流産をしました)。また移植する前に、1人目で行ったラパロをし移植に臨みました

    両角先生、町田先生がラパロを強く勧めてくださり、本当によかったです。採卵も移植もとても緊張しましたが、看護師さんが「大丈夫」と励ましていただき心強かったです。

    町田先生に移植してもらい、一回の移植で授かりました。両角先生にも「絶対妊娠できます」と言われ、信じてここまでこれて嬉しく思います。

    本当に皆様ありがとうございました。

    まだ残っている胚もあるため、いつかお迎えに行ければと思います。

  • 地域名(年齢)

    両角先生、鈴木先生、本当にありがとうございました。

    昨年3月に卵巣チョコレート嚢腫の腹腔鏡手術を行い、その時に卵管閉塞と言われたため、体外受精しか方法がなく、他院にて2回移植しましたが、結果が出せませんでした。

    両角先生のブログから貴院を知り、夏から通い始めましたが、移植しても着床せず、子宮鏡検査、子宮ポリープ除去を行ったあと移植しても着床せず、先生は2回目の腹腔鏡手術を勧めてくれました。

    先生が腹腔鏡手術を勧めてくださったので、今回術後初めての移植で着床に至ったと思います。内膜症4期でも妊娠が出来るだと思いました。先生を信じて本当によかったです。

    お身体に気をつけてこれからも子を望む方々への支えとなって下さい。元気な赤ちゃんを産んだあと、またよろしくお願いします。お世話になりました。ありがとうございました。