両角レディースクリニックは、体外受精、顕微受精などの高度生殖医療を中心とした不妊治療専門のクリニックです。

*初診予約

Web予約

再診予約

03-5159-1101
MENU

治療理念

Mission

治療理念

専門医、専門施設として出産という結果を出すことはある意味当然だと思います。高い治療費を払いここまでの負担を押し付ける以上、いかに最短で結果を出すことこそが医療側の務めだと思います。可能な限り1回の移植で卒業してもらう、やはりここが大切であると思います。

刺激から採卵、受精、培養の過程全てにこだわり良好な胚盤胞を丁寧に作りそれをしっかりと専門医がベストな位置に移植し辛い思いを感じることなく良い思い出ばかりで卒業してもらうこと、ここを目指しています。

そして最短以上に大切なことがありそれは「快適に治療を受けてもらう」ことです。例えば痛いけど我慢しなさいということはあり得ないことで、できるだけ痛みを少なくするよう努めることが医療者としての責務だと思います。痛い処置や痛い部分をいかに少なくするか、それを全員で検討し改善するように努めています。

どうしても痛い時もありますがその場合、とにかく隣に寄り添う姿勢を貫きます。採卵の時の看護師が隣に2名、3名、4名ついて手を握り肩や足を摩り全員で励ましながら行います。

また結果が出なく辛い時、大きな声で泣きたいと思う時のために個室で泣けるような特別な部屋を用意しています。この部屋は防音であり落ち着くまでいてもらうことができます。妊娠していない結果を伝える前にその部屋を確保してから診察室に呼び入れ結果を伝えています。またその際に看護師がそばにいて寄り添うこともしています。全員に結果を出せない治療である以上寄り添うことが必要なのだと思います。

またそれと同時に患者さんが何を期待しているのか、何に悩んでいるのかを初診の際に注意深く聞きます。医師の押し付けではなく患者さんが望んでいる治療を聞き、それに対してなるべく近づけていくことが目指すべき治療だと考えています。

もちろんエビデンスや過去の結果を元に専門家として「この治療法があっているためお勧めします」とアドバイスをしますが、最終的に選択肢は常に患者さんが持つことが正しいと思います。

治療の主役はご夫婦お二人であり医療側はあくまで専門家として選択肢を示して最善策を提示し伝えることですが、それは決して二人の価値観や人生観を覆してはならないと思います。

目指している治療

当院の目指す治療は 一人一人に対して個別に対応するところです。必要な薬剤を必要な量だけ検査結果を見ながらその都度調整します。〇〇法と言っても実に内容が多岐にわたります。
前医でアンタゴニスト法は結果が出ませんでした、そういう方がいますが当院のアンタゴニスト法は名前は同じですが全く異なるものです。使う薬剤の量やタイミングや切り替えのタイミングなど全然異なります。前医での治療結果や前回の治療結果を見ながら患者さんがどうして結果が出せないのかを見極めます。

また薬剤に限らず採卵の細かい設定、受精方法、培養液や培養庫も経過を見ながら変えていきます。
最初は当院のベストの治療方法や培養システムを行います。ただそれは万能ではなく万人に通用するものではないことも同時に我々は理解しています。
特に高齢の方や卵巣機能が低下している方にはそのわずかな差が致命的になります。そこを見抜くことこそが専門家としての務めだと思います。
クリニックとしていつも同じ治療法、自分達の方法が最善でそれに合わないのならあなたの卵子の質が悪い、転院したらどうですか、これは驕りであり明らかに勘違いです。
卵子の質が悪いのではなく医師の質、培養士の質が悪い、そう思わないと技術の改善はないし永遠に進歩せず同様な方々を妊娠させる事はできなくなるのだと思います。

院内の雰囲気で気をつけていること

院内の雰囲気には開院時から気をつけています。結果が出なくストレスを感じる時が多い治療ですが病院らしさを減らしバックミュージックにはハワイアンを流し院内にはヘザーブラウンの絵を多数飾り採卵後の休憩室ではハワイから空輸したクッキーやマリアージュフレールの紅茶を提供しています。
決してお金をかければ良いということではなく、私たちとしてどうしたらリラックスしてもらえるか、気持ちが伝わるかを考えた結果行っていることです。
移植の際に旦那様の立ち会い移植も推奨しています。一番不安を感じる時に隣にいて手を握ったり他愛もない話をすることが普段の落ち着きをもて安心感につながると思います。

時間をかけて丁寧に診療している関係で待ち時間が長くなるという問題がありますが、院内に無料のWi-Fiや電源を整備し要望に応えデスクや自販機も備えました。仕事をしながら有効に時間を使いたいという希望に応えました。

卒業の際に患者さんからのアンケートで院内の雰囲気がとてもリラックスできました。採卵後のハワイアンセットが最高でした、そういう意見が多数あり気持ちが伝わっていると思い嬉しく思います。

卒業の際には鶴岡八幡宮の安産のお守りを渡し、希望の方には院長と写真を撮り、大勢のスタッフでお祝いをし送り出します。

頂いたアンケートはスタッフ休憩室に張り出しスタッフ皆で読むようにしています。これらのフィードバックがさらに良い治療に繋がると考えています。